新型アルファードハイブリッド

新型アルファードハイブリッド

アルファードハイブリッドは2003年に登場したが2008年には生産終了。

 

生産終了理由は、価格が高いのにV6のほうが燃費が良く売れなかったからだそうです。

 

当時の技術では、重い車体を低燃費で動かす技術がなかったのかもしれませんね。

 

 

そんなアルファードハイブリッドが2011年9月に復活!

 

2代目のアルファードハイブリッドは前回の失敗を経て、リダクション機能付きTHS−Uを採用し、エンジン音や振動を徹底的に抑制。
そして、2AZ−FXE型エンジンとE^Frourの組み合わせにより加速性能を向上させ、操舵性も安定しました。

 

カタログ燃費は

 

JC08モードで17.0km/l
10・15モードでは19.0km/l

 

となっています。
実際にはどのくらい走るんだよ!?
という方は、「アルファードハイブリッドの実燃費」をご覧ください。

 

Lクラスミニバンですから、車体も重いのでそれなりの燃費になります・
当たり前ですが、人を乗せればその分思くなって燃費も落ちることになります。

 

 

この大きさでリッター19km/lというのはかなり魅力的に映る方もいると思います。

 

さらに、改良によって加速性や安定性も良くなっているので期待できそうですね!

 

 

アルファードハイブリッドが気になる方は、一度お店に行って試乗をしてみるといいですよ!


営業マンにコッソリ聞いたマル秘値引きテク

新型アルファードハイブリッド関連ページ

アルファードハイブリッドの値引き額
アルファードHVはどのくらい車体価格の値引きをしてくれるのでしょうか?
アルファードハイブリッドの実燃費ってどのくらい?
アルファードHVの実燃費ってどのくらいなのか気になる方に